忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Nikon D7200 搭載撮像素子は東芝製、Canon EOS M3 搭載素子はキヤノン製 でそれぞれ確定 ~chipworksより 備忘録

このエントリは完全に私の備忘録用です。

 以前幣blogエントリで、
”NikonのAPS-Cフラグシップ一眼レフカメラD7200の搭載撮像素子はほぼ間違い無く東芝製であろう”
という主旨のエントリを起こしました。
 そして、しばらく前のチップワークスの解析結果により(お金を出さないと本当に結果だけしかわからず、チップワークスを信じる前提になりますが)東芝製ということが確定していました。


 また、同様に
”CanonのEOS8000D / kissX8i / M3は同一の撮像素子で、かつ順当にキヤノン製素子であろう”
という主旨のエントリも起こしたことがありましたが、
こちらも順当にチップワークスの解析結果により、(少なくともEOS M3に関しては)キヤノン製の意メージャーであることが確定しました。

拍手[1回]

PR

Samsung NX1搭載と思われるAPS-Cサイズ28Mpix裏面照射型センサについて その2 ~IISW2015より

先週のIISWのSamsungの世界初APS-C裏面照射型センサの続きです。
書きたいことは大体先週書いたのですが、あと備忘録的にいくつか載せておきたい図面と補足が。
 また、先週のエントリで、original paperへのリンクを貼り忘れました。
originalはコチラです。


↑図1:チップの全体構成

拍手[2回]

Samsung NX1搭載と思われるAPS-Cサイズ28Mpix裏面照射型センサについて ~IISW2015より

先週、先々週末とお盆休みで幣blogの更新お休み(^^)
今週末より何とか再開しようと思います(^^;)。


 さて、今年6月にオランダで開催されたIISW
その後、先行して公開されていたchipworksの発表資料の和訳(?)を行ってました。
そしてお盆が明けた現在、気づけば全発表内容資料がオープンとなっていました
誰でもクリック、ダウンロードし放題です。皆さんも是非(笑)

 と、いう訳で、ひとまずprogramの上から見てみようということで、タイトルのサムスンのイメージセンサから。
タイトルに書きましたが、センサの諸スペックから、まず間違い無くSamsung NX1搭載撮像素子についての発表と思われます。

 最初に、重要な項目かそうでないか、私が興味あるかないかは別にして、発表資料に記載されている情報を元にわかったことを箇条書きで以下書き出してみます。

拍手[4回]

キヤノンの多目的カメラ と Imaging Resourceのソニー1インチ積層センサに関するインタビュー ~その2

先週から今週にかけては、キヤノンがいきなり今まで持っていなかった”多目的カメラ”という名目のラインナップ(?になるのか?)に、新しいカメラを投入してきましたね。
 ブロック型の形状は、ARRIのAlexaMiniを想起させます。
サイズとしては、AlexaMiniとブラックマジックデザインのマイクロシネマカメラの間くらいの感じみたいです。
AlexaとBMDのMiniとマイクロは共にシネマ用想定で、キヤノンのは多目的カメラとなっていますが、いずれも少なからずドローン搭載を意識しているであろうデザインであるところはいまどきだなと感じます。
(AlexaのMiniとBMDのマイクロは実際にAfterNABショーというところで見てきたのですが、今年は本場のNABshowともども、幣blogエントリにできていなかったので、話題として取り上げ損ねていましたので、合わせてここで(^^;))

拍手[4回]

Imaging Resourceのソニーα7RⅡに関するインタビュー ~その1 42Mは感度と4Kがベストバランス / Cu配線採用で低ノイズ化!?

ソニーのα7RⅡ、RX100Ⅳ、RX10Ⅱの発表後も、手振れ補正をレンズとbody双方に組み込んで合わせ技で使うという恐らく業界初の試みを施したGX8と、4K動画をお手頃価格で実現可能なG7と、パナソニックから興味深いカメラの発表が続いています。

 という前フリは全く無視して(^^;)、今週はimaging resourceという1998年に設立されたカメラのニュース&レビューサイトが主にソニーα7R2についてソニー関係者に、
日本の媒体では恐らくあり得ないくらい特に撮像素子周りについても深堀りした興味深いインタビュー記事がアップされていましたので、
以前のα7R2などのエントリの続きとして、私が気になる内容を徒然ピックアップしてみたいと思います。

拍手[8回]

ブログ内検索

カウンター

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開