忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

オリンパス OM-D E-M1 mark2にはグローバルシャッタ機能搭載!? ~VLSIシンポジウムでオリンパスが16Mフォーサーズサイズイメージセンサ発表

今年も6月には半導体系国際会議の”VLISシンポジウム”が開催される予定で、(毎年ハワイと日本の京都の持ち回り開催ですが、)今年は京都開催の番になります。
同会議の位置づけや意義は、こちらの福田さんという方の記事の冒頭を参照頂いて、つまりは昨年”ソニーの湾曲センサ”の発表が正式に行われた会議であります(^^)。

 素人目には、ワイハと京都の持ち回り開催という、バカンスと観光をエサに来場者を集めようとしてるんじゃないかという(笑)およそ真面目なイメージの感じられない(^^;)国際会議ですが、(もちろんそんなことは無いはずで・・・・・・と言いますか、アメリカの場合は各種メジャー展示会がラスベガスが多いというところからして、そういうのが普通の感覚なのかもですね^^;)
今年2015年のプログラムが発表されました。

こちらはそのCircuits(回路)の方のプログラムになります。
冒頭の福田さんという方の記事は、プロセッサやメモリ関連にフィーチャーされていますが、弊blogは当然イメージャーに注目。

 そしてパッと見で最も気になったOlympusの件を採り挙げて、話を膨らませてみようと思います(^^;)

以下が、発表タイトルとプログラムに僅かな量記載された、上記発表の概要になります。

拍手[8回]

PR

Nikon1 J5に搭載の撮像素子はAptina製?? GoPro Hero 4の最廉価バージョン搭載撮像素子はAptina製

しばらく前に、ニコンからNikon1 J5の発表がありました。

↑ Nikon1のイメージキャラクター(?)は本田翼さんなんですね
「ぼかして撮る わたしは知った」のキャッチフレーズと合わせて考えると、私が想像していたよりもNikon1のターゲット層はエントリー層側なのでしょうか?


ニコン本家のHPより

拍手[2回]

Nikon D7200 及び Pentax K-S2搭載撮像素子メーカーは? ~それぞれ東芝とソニーっぽいです

ISSCC発表のセンサのことなど、個人的にゴニョゴニョ書きたいなと思っていたこの週末、
しかし、久々に一眼レフカメラ搭載センサにソニー製以外の素子が現れた(←注:CanonとSamsungはほぼ自社製撮像素子搭載である可能性が高いので、この表現の対象外です。Samsungはミラーレスなのでそもそも厳密には一眼レフカメラでは無いですが)ので、簡単にそちらの方を今回はエントリしたいと思います。


ニコンD7200 APS-Cサイズ素子搭載カメラにおいては、現ラインナップで最も上位に位置するカメラ
今回は”キムタク”でも小栗旬でも無くワシ(鷹?)(^^;)
やはりニコンはCP+をあえて外して発表する機種も残しておいたんですね。

拍手[4回]

CANON EOS5Ds 及び5DsR発表 ~搭載の5000万画素撮像素子はキヤノン自社製でしょう。そしてアナログ信号出力センサの様です。

CP+前の怒涛の発表ラッシュ中。

この一週間のカメラ関連ニュースの中で「あなたにとっての一番のトピックは何ですか?」と問われれば、個人的には以下二点を挙げると思います。

 キヤノンの5000万画素フルサイズ撮像素子搭載のEOS5DsとRの発表
 ・ペンタックスが本当にフルサイズ素子搭載カメラを開発発表した

(1番なのに2個あるのは甲乙つけ難いということでご容赦を^^;)
今回は、実際撮像素子の写真が公表されているというのと、実際に発売が価格と時期と合わせて具体化しているという点で、前者を取り挙げたいと思います。



拍手[5回]

’14年に発売されたレンズ交換式デジカメ一覧 ~最近のレンズ交換式デジカメ/採用撮像素子トレンド確認

今回は、前々回の”昨年1年間で発売されたコンパクトデジカメ一覧”に続き、
”昨年('14年)1年間に日本で発売されたレンズ交換式デジカメ一覧”とそれらのカメラに採用された撮像素子周りのスペック一覧です。

 もうかれこれCP+に向けて新しいカメラが続々発表され始めていまして、自分自身でも”今更!?”感が無くはないですが(^^;)、ひとまずビデオは置いておいて、コンパクトデジカメとレンズ交換式デジカメだけは個人的に傾向を抑えておきたいなと。
 ただ、多くの製品が1年で様変わりするコンパクトデジカメと異なり、レンズ交換式の分野は多くのメーカーの多くのラインナップが1年では後継機種が出てこないため、”各メーカーの揃える上から下までのラインナップ全てを俯瞰したい”という目的においては、本エントリはあまり参考にならないことを最初にお断りしておきたいと思います。
 また、来月のCP+に向けてこれからも、各社から新しいカメラが続々発表&発売されることが予想されます(CESにおいては、ニコンのD5500など新たに発表された機種も既にいくつか存在します)。
ですので、”各社の最新のラインナップを知りたい!”という目的においても、あまり適切ではありません(^^;)。あくまでも”昨年1年間の傾向”という目でご覧ください。


 さて、では本題に入る前に、前回コンパクトデジカメのエントリ同様”'14年のレンズ交換式デジカメの販売状況はどんな感じなのか?”というところから。
 
↑'14年度、各社のレンズ交換式デジカメの販売台数計画(見込み)
※単位:万台
※ワールドワイドの台数 (日本国内のみの数字ではありません)
※キヤノンのみ'14年1月~12月。その他の企業は'14年4月~'15年3月期の数字
※コンパクトデジカメも含めたトータルのデジカメの販売台数計画はこちら

 ソニーと富士とパナソニックは、レンズ交換式デジカメのみの計画(見込み)台数を公表していないので、ミラーレスの動向がわからないのですが、
一眼レフに関しては大手のキヤノンとニコンが公表しているため(この二社の台数の多くはまだミラーレスでは無く一眼レフカメラであろう というのと、一眼レフの動向を知りたいだけならソニーは無視しても大きな影響は無いだろう という前提で)わかるのですが、

 コンパクトデジカメ同様、下方修正が続いています。

拍手[3回]

ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[03/24 Oscarpep]
[03/21 通りすがりの人]
[03/09 hi-low]
[03/07 namaewoirete]
[03/06 hi-low]
[03/06 愛読者]
[03/05 glasstic]
[03/04 hi-low]
[02/25 NONAME]
[02/20 hi-low]
[02/15 hi-low]
[02/06 hi-low]
[01/31 中村@つくば]
[01/31 toshi]
[01/30 hi-low]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開