忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

iPhone7搭載フロントカメラ側近接センサ=ToFセンサについて ~チップワークス的にはSTMicroelectronics製で間違い無し

一週blog更新をお休みすると、その間に書きたいネタが頻出するような気がするのは気のせいでしょうか(^^;)

 ・日立がレンズレスで撮像可能なフィルム?と画処理の開発
  (デジカメライフさんに、わかりやすい説明動画がリンクされています)
  ↑なんとなく映っている動画を見る限りは、すぐに現在の一眼レフやミラーレスカメラを置き換えることはなさそうに見えますが・・・まあこういう画処理系の技術進歩はデジタルの分野なので侮れませんかね(^^;)

 ・来年二月のISSCCの発表プログラムが一部発表
  撮像素子関連の日本勢の好調は持続している様子
  ソニー / パナソニック / キヤノン / 静岡大学 と、お馴染みの(?)顔ぶれが並んでいます。

 ソニーはこれで'16年6月のVLSIシンポジウム12月のIEDM、そして'17年2月のISSCCと、三大国際学会(?)でイメージセンサ件を連続発表することになりますね。
パナソニックも、タワージャズセミコンダクターをパナソニックにカウントすれば、ソニー同様に3連続。
 これはいずれ全プログラムが発表され次第、別エントリとして取り上げたいと思います。

 ・CMOSISが8K30pのフルサイズ(より縦が大きい)かつグローバルシャッタセンサ発表
  これは正直びっくり。
  多画素とグローバルシャッターには強いメーカーだという認識はしていましたが、
製品レベル、もしくはサンプル出荷可能レベルの8K動画用センサというと、私の知る限り、
NHK系(静岡大学、Forza、ブルックマンテクノロジ)、及びREDのHELIUM8Kセンサに次いで3番目ではないでしょうか。
(Canonもキヤノンエクスポで8K動画用センサ搭載のカメラを展示してあったようですが、どの程度の完成度か外部の人間には不明)
 CMOSIS自体は主にはマシンビジョン用を想定している様ではありますが、もしかしたら数年後には、BMD(ブラックマジックデザイン)やAJAあたりの8Kカメラに搭載されて出てくる可能性はあるのでは?

 そして、今年もなんとか駆け足でしたがinterBEE(国際放送機器展)に行ってきました。
大した内容は書けなさそうですが、これも後年の備忘録のために来週末以降にblogエントリしたいと思っています。



 さて、今週エントリの本題は、ちょっと時間が経ってしまいましたが、以前チラッと書いた
”iPhone7にSTMicroelectronics製のToFセンサが載っていた”というchipworksブログよりいこうかと思います。

拍手[2回]

PR

オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡの”オールクロスの”像面位相差AFってどういうこと? ~AF/AE追従18駒と非追従60駒連写と

photokina2016で各社から発表されたカメラがそろそろ発売or発売日決定されてきていますね。
そんな中、オリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡも、正式発表&発売日のアナウンスがされた様です。

以前のphotokinaの個人的所感を書いたエントリで、個人的topicの2番目に上記カメラを挙げておきながら、1番目のソニーα99Ⅱのphotokina展示撮像素子写真が嘘だったっぽいことに気分を害して(?f^^;)、2番目以降のカメラに対する感想を一切書かなかったのですが、
上記カメラについては今回の発表内容を見て、一つ追加で気になるところが出てきましたので、ついでに(?)以前のエントリの続きのつもりで今回は始めようと思います。

”レンズと併せて約6.5段分の手振れ補正効果”

も凄くて、本当であるならばこれもこのカメラの凄く売りになるところだと思います。
が、ここは撮像素子関連のblogということで、上記は直接imagerには関係無いですので触れないことにして、

"オリンパス初の4K動画機能搭載"

も、まあここはあくまで”オリンパスでは初”事象であって、他社ではそろそろ目新しい機能では無いため、これも置いておくとして、
やっぱり以前のblogエントリでも触れましたが、

AF/AE追従の18コマ/sec
 と
AF/AE非追従(≒固定)の60コマ/sec
 
※上記は共に電子シャッター使用時
↑これらのスペックが、個人的に今度のオリンパスのこのフラグシップ機のアイデンティティーを最も感じるスペックです。


拍手[1回]

'16年IEDMでソニー発表の偏光CMOSイメージセンサってどんな感じのものなんだろう? ~やっぱり用途はB to B?

ソニーがIEDMで発表する偏光センサは一体何に使うんだろう?”
⇒”はっ!もしやPLAYSTATION CAMERAに(プレイヤーのHMDの傾き検知とかに使ってるのか)!?なんかタイムリーだし”・・・

・・・なんて、思いましたが、やっぱりそんなことは無さそうですねf(^^;)

↑「プレイステーションVRは青色LEDを備えていて、それをプレイステーションカメラで撮像しして位置(向き)検知している」と聞いて、冒頭の様に一瞬思ったのですが、

拍手[1回]

徒然なるままに ~今年8月までのCIPA統計と、chipworksのiPhone7解析結果@Free版と

今週からデジカメ各社の2Qの決算発表が随時行われますが、その前に冒頭に少しだけ最新のCIPAデジカメ出荷数量統計を。
何故か私、昔から興味ある分野の統計データを眺めるのが好きなもので(^^;)
しつこいですが。

データは今年の8月まで公開
デジカメ全体では5~8月まで、つまり熊本の震災以後、出荷台数ベースで
 ◆対前年度:約5割
 ◆ワールドワイドで160万台/月
で低値安定推移。

 今年に入ってからもこの手のことを何度か書きましたが、
レンズ交換式とレンズ固定式(≒コンパクトデジカメ)では状態は当然(?)異なり、
レンズ交換式カメラの方は5月をbottomに、その後8月に向けて緩やかに回復基調。
9月はphotokinaで多くの有力カメラが今年は発表されましたので、(台数に直結する様な廉価機は多く無いので顕著には期待出来ないかもしれませんが、)今後それらの機種が年末に向けて順次発売されるに連れ、対前年度のグラフは緩やかに右肩上がりになるのじゃないかなと、個人的には予想(期待!?)します。

 で、コンパクトデジカメですが、

拍手[1回]

ソニーのSME(Spatially Multiplexed Exposure)-HDR方式について ~iPhone6シリーズのサブカメラ搭載素子のHDR方式と思われるものに似てはいるが・・・

ImageSensorWorld経由で知ったのですが、”ソニーのIMX378 CMOSイメージセンサ搭載のHDR(High Dynamic Range)の方法はこんなだよ”という話を、今週は載せさせてもらおうかなと思います。
(ただ、上記参照元のサイトも予測を含む書き方ですので、100%正しいかどうかはわからない話になります。ご了承ください)

ソニー製IMX378というのはどうも各社フラグシップスマホに現在人気の撮像素子の様子です。
 上記参照元記事通り、まず最近ブランド変えした(?)Google Pixel
 HTCのフラグシップM10
 シャオミのフラグシップMi 5s
などに採用されている様です。

(本件と直接関係の無い話ですが、「各社のフラグシップスマホ」と紹介しても、正直あまり日本ではピンとこない機種ばかりな気がしています。
これはやっぱりスマホになっても日本のガラパゴス化が進行しているということでしょうか?
それとも単に日本はiPhone人気が異常で、Apple以外のフラグシップスマホが入り込む余地が無いだけでしょうか?
それとも単に私がスマホに疎いだけ?f^^;)

この人気撮像素子の超簡単な仕様(spec)は、以下の感じ。
 画素数    :1230万画素
 画素ピッチ  :1.55um□
 有効画素サイズ:1/2.3インチ


SME-HDR方式の説明に入る前に、比較のため、従来の一般的な?HDRの方式2種を事前に簡単に。

拍手[1回]

ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[12/01 daipa]
[11/24 hi-low]
[11/08 M.Sakurai]
[11/07 hi-low]
[10/24 hi-low]
[10/24 hi-low]
[10/22 中村@つくば]
[10/21 hi-low]
[10/18 ritu]
[10/18 中村@つくば]
[10/18 SAT]
[10/17 ritu]
[10/14 hi-low]
[10/12 hi-low]
[10/11 hi-low]

カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開