忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

VLSIシンポジウム2017 プログラムより ~冒頭デジカメ販売台数のことなど

CIPAが今年の3月分までのデータを公表
'17年一四半期終わって、なんとコンパクトデジカメもレンズ交換式カメラも双方揃って対前年度超え。
昨年のこの時期はまだ熊本の震災の影響が出る前ですから、純粋に一四半期で見ると昨年を上回ってますね。

そしてデジカメ各社の'16年度決算発表が始まり、現在のところ
 キヤノン
 ソニー
 リコー
の3社が発表済み。
あとはオリンパスが週明け発表で、残りがGW明けた後の週に発表ですね。
(富士フイルムはゴタゴタしている様ですが、決算発表日はまだ決まっていないですかね)


リコーはデジカメについては決算発表では触れず(←これは以前から)。

ソニーは好調そうに見えるのに、それでも'16年度は(ソニー曰く)主に熊本の震災と為替の影響で減収減益。(←p.13)
ちなみにソニーの半導体(≒イメージセンサ)部門はモロに熊本の震災のダメージを受けたことと、カメラモジュール事業の不調により'16年度は意外なことに¥78億の赤字(゜0゜)(←p.15)。
しかし、今年度'17年度は急回復急成長して増収増益。¥1200億の黒字計画です。凄い(^^;)
どうも主にスマホ向けの(複眼化による?)大幅売上増を見込んでいる様子です。

デジカメ界(?)の王者キヤノンだけは会計年度が1月始まりなので、今回発表分は、今期の一四半期終了時の結果。
1Qで台数ベース対前年比、レンズ交換式カメラ:+6%、コンパクトデジカメ:-6%でトントン・・・(←p.12)
・・・ということは、つまり、冒頭CIPAの対前年比で好調な出荷台数推移はキヤノンが牽引している訳では無いということですね。
今期の予測も弱気で、年初の決算から対前年比トータル-9%を変更せず。
これから残りの3四半期でコンパクトデジカメが再び落ちると踏んでいるのか、
レンズ交換式で、'16年発売のEOS5DⅣ、M5、80Dの売上分を、M6と今年発売予定のカメラでは埋めきれないと踏んでいるのか・・・

拍手[5回]

PR

IISW 2017 プログラム発表 ~概観

また1週blog更新が空いてしましまいた。これももう一つ始めた老後の(?)趣味の悪影響か(^^;)

さて、この間、パナソニックに続き日経新聞起因の今度はリコーの撤退騒動。
そしてパナソニック同様即座にリコーも火消し公式コメント発表

しかし、カメラ事業に関してリコーが減損処理したことも事実の様子。
そして、発表資料のp.12には
”聖域を設けず、遠ざける事業の選別を徹底”
の項目の中に、
”トラディショナルカメラ”
が入っていますね。

”遠ざける事業”、”トラディショナルカメラ”・・・
どちらも個人的には初めて聞く用語です。相当言葉使いに気を遣ってる感じですね(^^;)

 にしても、こういう発表内容で聞く”今年は構造改革を断行して、後に反転攻勢に出るための基礎体力を作る年”みたいな内容は、もう何年も前から日本の各電機系のメーカーで聞いた気がする内容ですね。相当既視感があります。場合によっては何年も言い続けてる会社もあるんじゃないかと思うくらい(^^;)

 そして以前から思ってたのですが、日本って何で同業界の会社数が多いのでしょうか?
つまり、他国だと例えば電機メーカーで聞く名前といったら、その国で一つかせいぜい多くて二つ。
戦後の日本の復興過程とか国民性とかの影響なのでしょうか?

拍手[3回]

ISSCC 2017 発表プログラム Imager案件続き

さて、先週力尽きて途中で終わってしまっていたISSCC2017の残りについていきたいと思います。


④4.6 ソニーのDRAM含む3層積層センサ

 これはもう個人的興味はDRAMをチップレベルでイメージセンサと積層してしまったのか?というのに尽きます。
タイトルを素直に読むと上記理解で良いと思うのですが、RX100M4搭載1インチセンサが、
積層センサが実装されたパッケージ裏にDRAMチップがアタッチ(?)された様な構成
になっており、
このセンサの様な構成を指しているのじゃないよね?という一抹の不安(?^^;)が残ります。

 発表されるセンサが1/2.3インチということで、少なくとも上記RX100M4搭載センサと同一で無いというところは期待が持てるところ。
そして、1/2.3インチと言えば、フラグシップ or ハイエンドスマホにjustなサイズなので、
1~2年後に出てくる各社のハイエンドスマホは、恐らく今よりも高解像度なスローモーションムービーが撮れる様になっているのは最早かなり固い未来な気がします。
もしくは一部デジカメで行われている様な、高解像度写真の連写で、深度合成や”後からフォーカス”の様なアプリに振るのでしょうか。それとも私の想像もつかない新たな用途を提案してくれるのか?

拍手[2回]

'16年IEDMプログラム発表 ~ついでに今年のCEATECの入場者数推移と

タイトルの通りなのですが、今年のIEDM(International Electron Devices Meeting:少なくとも私の定義する半導体関係の3大国際学会の内の一つ)のプログラムが発表された様です。

昨年もこの時期にISSCCのものと併せて、Imager関連だけまとめたのですが、
今年も同様に概観してみたいと思います。
(来年初のISSCCの方はまだプログラムが決定していませんので、それはまた別の機会にしようと思います)



拍手[1回]

Fossum(フォッサム)教授のフォトンカウントの概要?その3 ~IFA開幕。ソニーのスマホで5軸手ぶれ補正/キヤノンがグローバルシャッタセンサ発表及び搭載シネマカメラ発表

さて、今年もIFAが始まりました。
今年はphotokinaイヤーですので、ガジェット好きには堪らない(?)GoldenWeekがここから始まり、
IFA @ベルリン   :9/2~9/7
IBC @アムステルダム:9/9~9/13
photokina@ケルン  :9/20~9/25

 上記に加えて、新型iPhoneなどのアップルの発表会が9/7ですか。
正直アップル発表会は例年と比較して今のところ日本では全く盛り上がっていない気がしますが、カメラは”Plus”の方はDualカメラになることが濃厚な様子で、弊blogで取りあげる程度には話題がありそうでしょうか。

 廉価なコンデジに関しては私が興味を無くしているため、チェック漏れはありそうですが、
IFAで気になる機種としては先週リンクした広角19mmスタートのカシオのEX-ZR4000くらいなままでしょうか。
ニコンのDLシリーズの発売が予想していたものよりも更に遅れる様な噂もあり、このままでは(カメラの格は異なるものの、)DLシリーズの一番の特長であった(?)”18mmスタートの広角レンズ”の市場価値(?)が若干下がりそうな気がします。

 むしろIFAのカメラ関係で個人的に注目したのは、ソニーのXperiaのスマホにRGBC-IRセンサ、レーザーAF、そして5軸手ぶれ補正が搭載されたモデルが発表されたことでしょうか。
ますますコンデジの立場が・・・以下(ry
レーザーAFはToFセンサを搭載したタイプでしょうか?
それ以外にも、RGBC-IRセンサは、記事を見るとオートホワイトバランスにしか使わない様な記述になっていますが、
 ・何か純粋な撮像面でも使用されたりしないのか?
 ・恐らくRGBCとIRは一体系のセンサなのではないかと予想しますが、具体的にはどの様な構造になっているのか?
 というあたりは興味があります。

拍手[0回]

ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[07/25 AlbertErync]
[07/25 クロムハーツコピーサイフ]
[07/24 クロムハーツコピー キーリング]
[07/24 クロムハーツ 財布 コピー 激安]
[07/24 クロムハーツスーパーコピー指]
[07/24 Stanleyfup]
[07/24 gennick[Kifiquqibunoocgi]]
[07/23 クロムハーツダウンコピー]
[07/23 Leonardjah]
[07/23 adidas original femme pas cher]
[07/22 FreightInfo]
[07/22 Johnnysyday]
[07/22 激安クロムハーツ速達]
[06/29 愛読者]
[06/28 愛読者]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開