忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

IBCで発表されたカメラたち ~iPhone7 PlusのDualカメラは広角側だけ手振れ補正付き そして2倍ズーム時に必ずしも望遠側で撮っているとは限らない

さて、明日からは遂にphotokinaで、(パナソニックとオリンパスから?)大物カメラの開発発表ありそうでしょうか?(^^;)

 iPhone7の方は世界同時発売が始まり、新色ジェットブラックの日本での品薄さっぷりが異常なほどっぽいですね(^^;) ゲットされたマニアの方、おめでとうございます。
 と、同時に各所で分解も始まり、まずiFixitが例によって分解しており、次いでchipworksもA10Fusionチップあたりから解析を開始している様です。
それに拠ると、(イメージセンサとは関係ありませんが)A10Fusionチップのソースは、少なくともTSMCは確定した様です。
ただし、iPhone6sのA9の時はSamsungと2社供給だったので、今回も2社供給があるのか無いのかの確認はまだとのこと。
この調子だとイメージセンサの結果が出るのは来月になっちゃいそうですかね(^^;)。
 ついでに(?)チップワークスはSamsungのGalaxy Note7の解析も同時に行っている様です。
こちらもイメージャーの詳細はまだの様です。


 上記の様にイメージャーの詳細はまだですが、iPhone7のカメラについては面白いことがいくつかわかってきているみたいですね。
 7Plusの方のDualレンズカメラで光学手ぶれ補正がついているのはWide側の方だけ
これは他のソースでもそう伝えている様なので、間違い無さそうです。

 これはどういうことなのでしょうか?

拍手[0回]

PR

OmniVision 19億ドルで中国の投資会社などに身売り

GWも後半戦突入。
カレンダー通りのお休みながら、どこにも行かずこんなblogを更新しているあたり、「何やってんだろなー。死ぬ時絶対後悔しそう」と自身で思いますが(^^;)、まあ習慣ですのでお休みver.でライト目に。

 タイトル通りです。
先月末、日経ロイターブルームバーグいずれも一斉に報じました。

報じる媒体によって多少身売り(≒買収?)額は異なる様ですが、日本円で概略¥2200億というところの様です。
身売り先は中国の投資会社などの様です。

拍手[5回]

【速報】ON Semiconductor (オン セミコンダクター) が Aptina (アプティナ)を買収

タイトル通りなのですが、昨日6/9、ON Semiconductor (オンセミコンダクター)Aptina imaging (アプティナ)買収したようです。

 特にこれといった情報がある訳では無いのですが、なかなかimagerマニアとしては置いておけない話だと思いますのでblogに残しておこうと思います。

 Aptinaの調子はさほど良く無い(ソースが直ぐに見つからないのですが、最近日本法人の開発部隊は解散したと聞いた気がします)とは聞いていたのですが、”それが本当だとすると、”Omnivision(オムニビジョン)、ソニー、に恐らく次ぐ第三位のイメージセンサ供給メーカーでも厳しい(≒儲けが出ない)とは、イメージセンサ製造の世界もかなり厳しいものですね。
 そういえばこちらもソースが見つかりませんが、Aptinaセンサを製造していたFabのLFOUNDRYも最近動きがあったような記憶があります。

 で、買収元がON Semiconductor。単純に潰れるよりはAptinaにとっては良かったのでは無いでしょうか。
それとも上のリンクの発表の様に、ONSemiconductorがAptinaを欲しくて欲しくてたまらなくて、超前向きな話と額面通り受け取るべきでしょうか。

買収額は$400Mということで、乱暴には¥400億。

上記リンク先の記事の以下抜粋箇所を見ると、
”同社(オンせみコンダクタ)が戦略的にフォーカスしている主要分野である車載・産業市場向け高性能CMOSイメージセンサーのリーディングプロバイダーであるアプティナイメージング社の買収について最終合意を結んだと発表しました。アプティナが製品を提供しているその他の市場には、カメラ、モバイルデバイス、コンピューティング、ゲームプラットフォームがあります。”

とあります。
ON Semiconductor的には、車載及び産業用のセンサを特に欲しているようで、デジカメ、スマホの民生用センサの方はオマケに近い扱いに見えなくもないです。

今後の旧Aptinaからのセンサリリースに今回の買収はどのような影響を与えるでしょうか?

スマホカメラで特にアプティナ製センサにこだわっている方は少ないでしょうから、さしあたってはやはりNikon1搭載Aptina製センサの行方に要注目ですね。
(問題無く今後も新型含めて開発されるような気がしますが)

ちなみにアプティナ側の発表はこれです。

拍手[5回]

Samsung 1インチミラーレス参入 と キヤノンの産業用カメラ参入 ~キヤノンは自社センサ、サムスンは?

東洋経済本年2/8号の2012年度の世界デジカメ出荷台数によれば、
Samsung(三星)は、デジカメ全体で世界第4位(それぞれミラーレスが30万台で6位、コンパクトが1100万台で4位)メーカー。
 台数ベースだとコンパクトが支配的になってしまうので、レンズ交換式(一眼レフとミラーレス)で順位付けするならば、
 1位:キヤノン  868万台
 2位:ニコン   667万台
 3位:ソニー   210万台
 4位:オリンパス   72万台
 5位:パナソニック  55万台
 6位:リコー(ペンタ)32万台
 7位:サムスン     30万台
 8位:富士フイルム   11万台

 もう少しして、2013年度のデータが出てくれば、もしかしたらうまくしたら”4位のオリンパスを抜きさっている”という可能性ぐらいまではあるかもしれません(またミラーレス単体だけで言えば、もしかしたらソニーに次ぐ2位という可能性もあるかもしれません)。

本題から逸れてしまいますが、日本であれだけ話題の(←もしかしてこう感じてるの私だけ?^^;)富士のXシリーズなのですが、高級過ぎるのか、少なくとも2012年度のワールドワイド台数シェアでは、弱小以外の何者でも無い結果となっています。

 さて、ワールドワイドでは2013年度に一眼レフの市場の頭打ち感は見えてきたし、ミラーレスもアジア以外では鳴かず飛ばずで、アジアでも思ったほどには伸びず・・・
という訳で、てっきり私はサムスンはレンズ交換式(ミラーレス)市場に乗り込んだは良いが、早くも見限り始めたのでは?
 と思い始めていた矢先、
若干野心的に見える、新フォーマットカメラ NX mini を発表

↑ NX mini 薄いですね

拍手[2回]

最近のイメージセンサの製造Fab変遷事情? ~Foveon / panasonic / ルネサス

今回私の備忘録的意味合いが普段よりより強いエントリとなります。

「カメラに載ってる撮像素子がどこ社製?とかならまだしも、いくら何でも製造Fabのことまで気にするか?」
 という話もあろうかと思うのですが、imagerマニアとしてそこにも興味があり・・・(^^;)


Foveon (←シグマ製カメラ搭載撮像素子のFabレスメーカー)
 製造FabはDongbu HiTec
 ※これは製造Fabが変わったという訳ではなく、単に私が今まで知らなかっただけで以前からのようです。

Panasonic 国内主力半導体工場(←イメージセンサ製造含む北陸の3工場)をタワージャズ(Tower Jazz)と起ち上げる合弁会社へ移管
 ※合弁会社の出資比率はタワージャズ51% パナソニック49%

ルネサス エレクトロニクス(renesas) 国内生産部門を4/1付で子会社2社に再編
 ※子会社への資本金はルネサスが100%出資
 ※恐らくこの再編の一環として、山形鶴岡工場をソニーへ譲渡
 ※ルネサスエレクトロニクス ←少なくともニコンD4、D4S、Dfのイメージセンサ製造会社と思われる

 3つともそれぞれ毛色の異なる話なのだとは思うのですが、それぞれ以下備忘録と思うところを。

拍手[4回]

ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[03/21 通りすがりの人]
[03/09 hi-low]
[03/07 namaewoirete]
[03/06 hi-low]
[03/06 愛読者]
[03/05 glasstic]
[03/04 hi-low]
[02/25 NONAME]
[02/20 hi-low]
[02/15 hi-low]
[02/06 hi-low]
[01/31 中村@つくば]
[01/31 toshi]
[01/30 hi-low]
[12/23 hi-low]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開