忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

ISSCC 2014 レビューblog意訳 ~harvest imaging ←デジタルイメージングの収穫について記載されているサイト

今回は全く人のふんどしエントリです。ご了承を。

半導体業界のオリンピックISSCCが2月上旬に開催され、今年も終わりました。
その中で、”imagingの分野の発表はどういったものだったのか?”
を、harvest imagingというサイトが取り扱っていました。

 上記サイトのことを、正直私はよくは知らないのですが、一応
アルバート・タウンゼント博士という方が創設されて、彼はデジタルイメージングに携わってきた期間が30年以上であり、サイトの目的が教育等ということで、それなりに(少なくも私個人がISSCCの内容を何か俯瞰するよりは)信用出来るかなと思い、初めて引用です(←私自身が俯瞰したくても、情報を持っていないという根本的な問題が別にありますが(^^;))。

 以下、上記ページのblogというページで取り挙げられているこのページの意訳となります。

全体的に乱暴にまとめると、今年のイメージング分野は”低調であった”ということの様です。
私もソニーが発表しない時点で(他の発表タイトルを眺めても)、何となくそんな気はしていましたが・・・
イメージセンサ分野も遂に成熟してきて伸びしろがなくなってきたということでしょうか?

 では以下からです。(途中、オレンジ色字が私のコメントもしくは勝手に入れた注釈です)

拍手[4回]

PR

後からフォーカス(re-focus)機能 LYTRO vs SnapDragon 805 ~もしくはハードウェア vs ソフトウェア?

以前エントリのblogにて、
”ジェスチャー入力カメラ(もしくはToF方式センサ)とLYTRO(レイトロ)の様な後からフォーカス合わせ可能なカメラ(センサ)は個人的には要注目(興味あり)”
 というニュアンスのことを言っていました。

 CES(International Consumer Electronics Show:国際家電市)2014で、Qualcommが、彼らが”re-focus”と呼ぶ技術デモを行っていたようです。
 ←写真でフォーカスを合わせたいところを選択すると・・・
 ←選択したひとで?にピントが合う

ですので、今回はToFセンサではなく後からフォーカスに焦点を合わせた(フォーカスした)エントリを(^^;)

拍手[3回]

Xbox OneのKinectで採用された3次元距離計測用センサ ~個人的に今後可能性を感じさせるToF方式センサ

まずは四の五の言わず、この動画を見てもらえるでしょうか。

↑ しばらく前に発売された、マイクロソフトのゲーム機”Xbox One”に標準装備でついてくるジェスチャー入力コントローラー?Kinectのデモ映像です。

初めて見た時、私はかなり衝撃を受けました。”こんなことが出きるのか”と。

 話が少し逸れますが、初めて任天堂のWiiで、Wiiスポーツのテニスをプレイした時、Wiiリモコンを振ったときの感触と画面の連動性にも感激した覚えがあります。
 が、上記デモ映像を見る限り、もしXboxを購入したならば、Wiiの時以上の感激に包まれそうな予感がします。
”日本の牙城であったゲームハード機も、topの座を海外勢に明け渡すのか”(--;)と個人的には落胆しました。


 さて、話を元に戻します。
上記ジェスチャー入力コントローラーKinectの機能を実現している主要パーツがイメージセンサなのです。

イメージセンサは動画を撮れて人の顔認識は出来ても、普通は上の様な人間の動作を感知してくれません。
上記Kinectには、”3次元距離計測用のイメージセンサ”が搭載されているのです。

chipworksでも興味深かったのか、kinectの分解を行っています。
 ←赤外光を受けるセンサのレンズユニット
  ←レンズ下の三次元距離計測用センサ
 ←上記センサのダイ(chip)
やっぱり、普通の撮像素子の周辺回路のパタンとは全く別なものに見えますね。


 実はXbox360にもオプション装備でしたが、同様な機能を持ったKinectがありました。
が、XboxOne用のKinectと初代Kinectとは、三次元距離計測の方法が異なるのです。

XboxOneの新Kinect(?)は”光飛行時間測定法”=”Time of Flight”いわゆる”ToF”と言われる方式を採用しています。
すごくざっくり言うと、”光(新Kinectの場合は近赤外光)を照射して、物体に当たって跳ね返ってくるまでの時間を測定することによって距離を逆算している”のです。

 上記方式のセンサは、Light Fieldカメラ(センサ)と並び私は注目しているカメラ(センサ方式)です。
Light Fieldカメラは一部のマニアとプロ用の写真を撮るためのカメラにしか用途(アプリ)が無いかもしれませんが、このToF方式のセンサは、用途(アプリ)が広そうな分、一般的にはLight Fieldなどより注目度が高いと思われます。

 例えば、少し前になってしまいますが車関連でも
 ・モーターショーで車やセキュリティーカメラ用途で発表
 ・世界のトヨタも最近興味を示しています

その他、他社も続々とこのToF方式のセンサやモジュールを発表及び発売しています。
 ・浜松ホトニクス
 ・Samsung(三星)ISSCC2012その1
 ・Samsung(三星)ISSCC2012その2


 でもやはり、ToFセンサに関して私が最も未来を感じるのは、新Kinectの使い方”ジェスチャー入力”もしくは”モーションキャプチャ”です。

現在スマホやタブレットの操作性は洗練されていると思います。
もうもしかしたらキーボードやマウスは不要になってくるのかもしれません。
(↑いや、私本人はフリック入力は大の苦手なので、キーボードがなくなってもらっては困りますが(^^;))
音声入力もsiriなどを見れば凄い進化をしていることもわかります。
 でもでもやっぱりジェスチャー入力が最もスマートな入力インターフェースだと私は思うんですよね。
将来、新築の家やマンションにはいたるところにToFセンサを積んだカメラが壁の中に標準装備で仕込まれており、あらゆる家電や、下手をしたらテーブルや椅子までnetに接続されていて、ジェスチャー一つでそれらが反応してくれる・・・・・・なんてことになってるんじゃないかと想像してしまいます。

 そういえば、最近ToF型ではありませんが、初代Kinect内蔵センサを作っていたイスラエルのPrimeSenseという会社を、あのAppleが買収したというのがニュースになっていました。
あのAppleのこと、また世界があっと驚くような新しいユーザーインターフェースを採用した”何か”を提案してくれるのではないでしょうか?
上記想像があながち私の妄想って訳でも無いことが証明される日は近い!?


 残念ながら新kinect内蔵ToFセンサがどこ製のものなのか、chipworksBlogには書いてないようですが、その内詳細資料が発表されているToFセンサについて、もうちょっと勉強して掘り下げたBlogエントリをしたいなと考えています。



拍手[2回]

今度はソニーがREDを訴えた! ~こう来たか。逆襲開始

 完全に事実上このエントリの続編。

今回も完全に撮像素子(imager)の話ではありません。
今、デジタルシネマ業界(←つまりはフィルムではなくデジタルカメラで撮影する映画業界のことと思っていただければ、大枠間違いはないと思います)で起こっているイザコザのお話です。
上記ご了承を。

 デジタルシネマ業界の雄”RED Digital Cinema Camera Company”が少し前に特許侵害のかどで、ソニーを訴えていました。

拍手[3回]

アプティナ(aptina)がソニーとクロスライセンス ~しかしソニー側からは・・・?

 アプティナが「ソニーとクロスライセンス締結した」とプレスリリースしています。

もう3週間も前の話ですのでニュースでも何でもないかもしれません。
実はこのニュース気づいていたのですが、私が”何か追加で考察できることないかな~”などと余計なことを考えていたので遅くなっています(^^;)

 このニュースを聞いてパッと思い浮かんだのが、
REDに特許訴訟起こされたのでソニーも弱気になってaptinaの提案に乗ったのかな?”
 というものでした。

 しかし気になることがいくつか・・・・・・一つ目は、
”このプレスリリースが一方的にaptina側からのみ発せられているように見えること”
です。

拍手[1回]

ブログ内検索

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開