忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

IISW2017 TechInsights ~その1 PDAF・・・の前半(^^;)

2週更新サボってしまいました(^^;)
NHK技研公開がまだ途中ですが、今週はタイトルの方を。

IISW2017のプログラムが発表されたことは既にエントリ済みですが、
ワークショップも無事終了した様子で、恐らく8 or 9月に発表Paperが無料公開されるはずです。
それに先立ち、(毎回のことですが)TechInsights(旧チップワークス)が先行して発表内容をblogで公開しています。
 今回は上記blogから。
二本立ての様子で、リンク先は1本目ですが、いわゆる”像面位相差AFの進化の歴史”という様な内容になっているようです。

 ちなみに、過去のIISWでもTechInsightsはコンシューマーカメラ(スマホ含)の時々の進化を解析して報告しており、それぞれ主に以下の様な内容を報告していました。
 2015年:
  (光学混色を抑えるために)カラーフィルタを遮光層間に埋める
  裏面照射型でも像面位相差AF & 非ベイヤ配列センサへ
  これからは積層型CMOSイメージセンサ

 2013年:
  各社の画素断面構造 主に低背化にフィーチャー
  VTG (Vertical Transfer Gate)
  像面位相差AF
  積層型センサ


 では以下より、今年のIISWでのTechinsightsの発表が元になっているblogの内容へ
導入部の章が、近年のコンシューマーカメラの様子を良く表している様に感じましたので、全意訳で。
()内は私の補足や感想などです。

拍手[2回]

PR

NHK技研公開2017その1 ~個人的所感等とカメラ / ディスプレイ / プロジェクタ

さて、IISWが終わりましたね。
そして来週からは京都でVLSIシンポジウムが始まります。

リンク先のblogが双方とも中途半端で終わってしまっているのが心残りです(^^;)
しかし少なくともIISWの方は半年後には発表paperがオープンになりますし、既に出席された権威の簡単にまとめられたblogも公開されていますので、いずれ続きは書きたいなと思っています。


 話は変わりますが、CIPAの4月分のデジカメ出荷数の統計値公表
デジカメ各社の弱気の見積もりが嘘の様に好調(正確にはコンデジ含めて”概略”前年度維持)な様子。
昨年はこの時期後、しばらくソニーの熊本工場の停止によるデジカメの供給不足が起こりますから、
対前年度比較でいけば、今年はこの後しばらくは昨年を上回ることになるのではないでしょうか?
そして昨年は年末のデジカメの売上が落ちずに伸び続けた異例のトレンドでしたので、
今年の第4Qのデジカメ販売数が対前年微減で踏み留まれれば、めでたく予想に反して対前年比トントンから微増という明るい話題になる可能性も・・・!?(^^)


 また話は変わってCine Gear Expoで2台のnewカメラ発表。
CanonからCinema EOS C200
PANASONICからAU-EVA1なる新しいシリーズ?のカメラ


拍手[1回]

GalaxyS8及びS8Plus搭載カメラ撮像素子はソニー製とSamsung自社製 ~いつものごとく2社購買

今年3月末、GalaxyS8が発表されていました

で、TechInsightsでのその分解記blogも少し前に出ていました。

本日はそこからと、更にリンクが飛ばされている此方のサイトの内容と合わせてサラッと。


【フロントカメラ】
・irisスキャナー(虹彩認証)カメラが増設された

拍手[0回]

続その3 Sony 業界初、DRAMを積層した3層構造のCMOSイメージセンサー ~TechInsightsリバースエンジニアリング編

リア充の知り合い達のSNSを眺めながらソファの上でじっと過ごしたGW f(^^;)
その締め括りがこのblogということで(^^;)


 今年のNABshow2017は、どうも大きなカメラの発表は無く、各社とも良心的に(?)ファームアップ等でカメラのスペックアップを果たすという方向性だった様ですね。
他にはシネマ及び放送用のレンズの発表が豊作の年で、
その他、4Kだけでなく、現行各国の放送規格であることが多そうなFHDでのHDR(High Dynamic Range)化や、近年の流れであるVRなども継続したトピック要素だった様子です。

唯一、パナソニックから文字通り、ベールに包まれた状態の次期シネマカメラの展示があったのだとか。
これの正式発表はそう時を待たずにCINE Gear(シネギア)エキスポにて行われるそう
です。



 さて、本日は三度タイトル通り、ソニーの3層DRAM積層センサについて。
しかし今回はTechInsights(旧チップワークス)のblogからです。

↑TechInsights解析の、ソニー3層積層センサの断面写真


 かなり以前の内容と重複するところも多いため、重複箇所は割愛します。

今回TechInsightsのblogを読んでいて、個人的に「おっ」と思ったことは以下の様なところです。

拍手[1回]

VLSIシンポジウム2017 プログラムより ~冒頭デジカメ販売台数のことなど

CIPAが今年の3月分までのデータを公表
'17年一四半期終わって、なんとコンパクトデジカメもレンズ交換式カメラも双方揃って対前年度超え。
昨年のこの時期はまだ熊本の震災の影響が出る前ですから、純粋に一四半期で見ると昨年を上回ってますね。

そしてデジカメ各社の'16年度決算発表が始まり、現在のところ
 キヤノン
 ソニー
 リコー
の3社が発表済み。
あとはオリンパスが週明け発表で、残りがGW明けた後の週に発表ですね。
(富士フイルムはゴタゴタしている様ですが、決算発表日はまだ決まっていないですかね)


リコーはデジカメについては決算発表では触れず(←これは以前から)。

ソニーは好調そうに見えるのに、それでも'16年度は(ソニー曰く)主に熊本の震災と為替の影響で減収減益。(←p.13)
ちなみにソニーの半導体(≒イメージセンサ)部門はモロに熊本の震災のダメージを受けたことと、カメラモジュール事業の不調により'16年度は意外なことに¥78億の赤字(゜0゜)(←p.15)。
しかし、今年度'17年度は急回復急成長して増収増益。¥1200億の黒字計画です。凄い(^^;)
どうも主にスマホ向けの(複眼化による?)大幅売上増を見込んでいる様子です。

デジカメ界(?)の王者キヤノンだけは会計年度が1月始まりなので、今回発表分は、今期の一四半期終了時の結果。
1Qで台数ベース対前年比、レンズ交換式カメラ:+6%、コンパクトデジカメ:-6%でトントン・・・(←p.12)
・・・ということは、つまり、冒頭CIPAの対前年比で好調な出荷台数推移はキヤノンが牽引している訳では無いということですね。
今期の予測も弱気で、年初の決算から対前年比トータル-9%を変更せず。
これから残りの3四半期でコンパクトデジカメが再び落ちると踏んでいるのか、
レンズ交換式で、'16年発売のEOS5DⅣ、M5、80Dの売上分を、M6と今年発売予定のカメラでは埋めきれないと踏んでいるのか・・・

拍手[5回]

ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[11/24 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[11/24 IgorUnozy]
[11/23 BosDons]
[11/23 スーパーコピー時計]
[11/23 Warrentiz]
[11/23 HaywoodVar]
[11/18 hoge]
[11/17 Anonymous]
[10/15 NONAME]
[10/11 hmb]
[10/10 ぷん]
[10/09 hi-low]
[10/07 NONAME]
[10/05 NONAME]
[09/25 hmb]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開