忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

NHK技研公開2015 その2 ~画素並列信号処理3次元構造撮像デバイス ~将来の立体映像カメラの実現に向けて~

前回の続きで、今年のNHKの放送技術研究所公開見学のエントリとなります。


↑毎年ちびっ子や家族に人気、NHKのゆるキャラ(?)どーもくん(左)とラボちゃん・・・のリアルおねーさんver.(右)

拍手[3回]

PR

NHK技研公開2015 その1 ~個人的な所感とイメージャー・カメラ周りの展示状況だけ


 一年は早いですね。今年もこの週末行ってまいりました”NHK放送技術研究所公開”、略して”技研公開”。
今年は何か他の年よりも気合が入っていたのか、例年では見たことの無かった毛筆風の”技研”の文字↑が、誇らしげに玄関横天井にデカデカと掲げられていました。


拍手[2回]

CP+ 2015 個人的所感など2 ~コンポーネンツ&デバイスプラザ、動画セミナー、その他

今年も先週ISSCCが終わりました。
NHKとForzaSiliconの1.3億画素センサ発表の他にも、Samsungの低消費電力&低解像度で撮像し続け、画面内で動く物体を検知した時だけ高解像度モード(&高消費電力?)で出力する撮像素子や、
ソニーからは”Double single-slope ADC”と名づけられた、各列にADCが2つついているというようなものも発表されたようです。
↑ソニーのものは、並列に二回AD変換することで理論上3dBノイズが低減されたり、またシリーズに二個使うことによって(?←実際にはこちらも並列処理ということだと思いますが)高速動画読み出しが可能になったり、更には、片方で動画用の変換、片方で静止画のフル解像度の変換を行いスチルとmovieを同時出力することが可能な様にも読めます。 ←読み間違えている可能性もあります(^^;)しかし凄いですね。


そんな中、本blogは悠長に先週エントリのCP+の個人的所感の続きになります(^^;)。

↑またマニアックな話で恐縮ですが(^^;)、CP+には、実は会場片隅にこの様に”コンポーネンツ&デバイスプラザ”という、かなりビジネス色の強いゾーン(?)も用意されています。
出展社さんは写真の通りなのですが、昨年はアナログデバイセズも出展していて、ADの話などおもしろいことが聞けたのですが、残念ながら今年は出展されていませんでした。

拍手[6回]

CP+ 2015 個人的所感など ~来年以降の個人的備忘録

 さて、先週末を中心にCP+2015@パシフィコ横浜へ行ってきました。
世間ではもう多くのレビュー等がされていますので、ここでは私の観点でメジャーなところを外した内容を、今更ですが来年以降の私の備忘録も兼ねてエントリしようと思います。

 まず入場者数・出展社数のここ数年の推移です↓

※厳密には、CP+というイベントは2010年から。2008及び2009年は前身の”フォトイメージングexpo
※2008年及び2009年の出展社数が多いのは、フォトイメージングexpoの主催団体が4団体と多かったため、出展社数が多かったものと思われます

 最近アベノミクスで(?)景気が上向いてきたとはいえ、この手の展示会としては珍しく、ここ5年間、入場者数も出展社数も右肩上がり。
昨年、入場者数がガクッと減っているのは、ご記憶の方も多いと思いますが、大雪のため、開催が1日中止となり、その前日も雪の影響で出足が鈍ったため。

会期内の日別の入場者数を見ると、土曜が一番多く、そして実は日曜よりも金曜の方が多くの入場者数を集めています。
そして木曜も一般入場が午後の半日だけの割に1万人以上集めていることを考慮すれば、実は最もゆったり見れるのは日曜ではないかと個人的には思っています。
この傾向は昨年も同様です。
ですので私は好んで日曜に出向くようにしています(^^;)
来年以降CP+に足を運ばれる方はご参考まで。


拍手[6回]

interBee(国際放送機器展)2014 ~新たな4Kカメラなど

先週行ってきました、幕張メッセで11/19~21に開催されていたinterBee(国際放送機器展)
昔からここを見てくださっている方にはくどい前置きになりますが、
 imagerマニアとしては、以下の様な理由により、ここ数年注目している展示会になります。
 ・割とハイエンドで新規なイメージャーを搭載したカメラが発表もしくは実機展示されたりしがち
 ・今、放送が4Kや8Kに向かって(少なくとも日本は)過渡期であり、新規の市場創出や機器リプレイスが進み、活発な市場であること

 interBee会期中に、ゲリラ的に(!?)、ソニーからα7Ⅱが発表され、驚きましたが、
フルサイズ初のbody内手振れ補正(←5軸。Eマウントのマウント径でよくやるものだと個人的に感心します。そして余談ですが、マウント強度の強化もメーカー公式発表している様です^^;)がメイントピックの様で、搭載撮像素子に特に手が入れられている気配は無さそうですので、当blogではスルーすることにして、今回はinterBeeネタにいくことにしようと思います。


 今年は更に開催50回記念(!!!何と50回目です。CP+やCEATECは主催団体の仲たがい(^^;)や人気復興のテコ入れのために何度も衣替えされていて、まだ歴史は浅いのと対照的です)の回ということもあり、例年にも増してご祝儀的な意味でも(?)盛り上がっていた様に感じました。
(という私は、昨年は仕事の都合上赴けなかったため、会場へは今年は2年振りでしたが・・・)

 
↑最近10年のinterBeeの登録入場者数と出展者数の推移

拍手[3回]

ブログ内検索

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開