忍者ブログ

Imager マニア

デジカメ / デジタルビデオカメラ / スマホ用の撮像素子(イメージセンサ/imager/CMOSセンサ)について、マニアな情報や私見を徒然なるままに述べるBlogです(^^;)

Canon開発発表より ~8K4Kシネマカメラ、1.2億画素EOS、2.5億画素イメージセンサ

前エントリで一緒に書こうと思っていたのですが、それだとあまりにも長くなってしまいそうだったので、今週は分割で。
 最後はキヤノンねたです。

↑8K4Kイメージセンサ搭載CINEMA EOSカメラ

今回採り上げるものの中では最も情報の少ないカメラ(orセンサ)。
恐らくキヤノンが今ニューヨークで行っているCANON EXPO向けの開発発表と思われます。

拍手[2回]

PR

IBC その2 ~PXW-FS5 / DJIドローン用カメラ 雑感

先週に引き続き、最近のIBC等イベントで発表されたものへの雑感です。

IFAではもしかしたらいくつかカメラが発表されたのかもしれませんが、最近の私がハイエンド以外のコンパクトカメラに興味が無く(^^;)、もし発表されていても気づいていませんので、そこはもう今年はスルーで(^^;)


↑IBC2015において、ソニーから発表された、PXW-FS5 ←レンズ交換式XDCAMメモリカムコーダー

 上の写真を見て、一見して”小さい”とわかりますね。

拍手[1回]

民生ビデオカメラの現ラインナップ と、それを見て思ったこと

現ラインナップシリーズ(?)第三弾です。
前々回のコンパクトデジカメ前回のスマホカメラに引き続き、今回は民生ビデオカメラ版です。

マンネリは嫌なのですが、前回同様の発言で恐縮ですが、”こういうのは同時期の方が比較しやすいので”ということで。
元々は”コンパクトデジカメのラインナップは興味が無いから全然知らないな”
というところから始まっているのですが、良く考えたら”ビデオだって知らないや”と(^^;)

(デジタル一眼レフ/ミラーレス/大型撮像素子搭載コンパクトに関しては常々興味があるため、半年前データになりますが、既にラインナップのリスト化はしています←ページ一番下の表)

そして、斜陽産業的な(?)コンパクトデジカメと異なり(←関係者の方が見ていたら大変失礼しました)、ビデオにはひとつだけ上り調子な分野が・・・それはアクションカム/ウェアラブルと呼ばれるジャンル。

今回取り立ててフィーチャーはしませんが、雨後のタケノコの如く、この分野に新規参入メーカーが出てきています。

 では早速このところの定型通り、参入メーカーとその販売機種数の関係から↓

↑日本市場に参入している昔からのビデオカメラメーカー4社と、隆盛のアクションカム業界代表として、その草分け的存在のGoProをプロット

拍手[5回]

ソニー FDR-AX100搭載センサ(1インチ)はRX100mark2及びRX10と同等 ~しかし動画時の画角は少し狭いので要注意

しばらく前に発表になった(発売はまだ)、ソニーの”民生用”4Kカムコーダー”FDR-AX100”
このカメラの特徴は、何と言っても

”民生用でも4Kで、かつそのお値段が実売¥20万を切ってくるところ。そしてオマケに(?)搭載撮像素子が1インチなところ”

だと思います。


 しばらく前に、同じくソニーから発表されていた”FDR-AX1”がお値段倍で、かつ搭載撮像素子サイズが1/2.3インチであることを考えると(例えAX100が4Kは30pまでであったとしても)、AX1が業務用機であるにも関わらず、本当に肩身が狭そうで可愛そうに思えてきます。
(まあ、昨今¥5万くらいでビデオが買える時代に民生機で¥20万ってどうなのよ?という見方も当然出来ますが(^^;))


拍手[1回]

ソニー PMW-F55搭載撮像素子のフレームイメージスキャン実現方法その2 ~つまり搭載撮像素子のグローバルシャッタ方式は?

 前回エントリの続きです。 

ソニーのシネマカメラPMW-F55に採用されているCMOSイメージセンサのグローバルシャッタはこの様な方法で実現されているのでは?
というのを、ソニー出願の特許から予測しました というお話の続きです。

img02.jpg

拍手[2回]

ブログ内検索

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

プロフィール

HN:
imagerマニア
性別:
非公開